子どもの夜泣き、疳虫

どうして夜泣きするの??

赤ちゃんは普段、お腹が空いたりおむつが濡れたり暑かったりなど何か具合が悪い時に泣いて知らせますが、原因がわからずに突然夜に泣き出し、泣き止まないことがあります。生後6ヶ月から1歳半くらいの赤ちゃんに多く見られます。

そもそも疳虫(かんむし)って何??

乳幼児の精神と身体の急速な発育のために生じるアンバランスな状態により起こる神経異常興奮のことで、赤ちゃんが理由もなく不機嫌になってじれたりイライラして欲求不満を起こしたりします。

そんな症状のお子さまには小児はりがオススメです!

小児はり施術の様子

小児はりでお子さまの自律神経を整えてあげて免疫力を高めることによって、心の状態を安定させます。
福堂鍼灸整骨院にはキッズスペースがありますので遊びながら楽しく施術していただけます。
最初は緊張しているお子さまもたくさんいらっしゃいますが、慣れてくるといつの間にか施術が終わっていてまだ遊んでいたいと言ってくれるくらいリラックスして施術してもらえます。

小児はりって何??

こんなはりを使います

「はり」と聞くと突き刺す怖いイメージがありますが、「はり」と名のつく特殊な道具で皮膚を優しくさすることで皮膚にわずかな刺激を与えてあげます。
神経が過敏になって起こる症状が多いので、心地よいくらいの刺激を与えてあげることで、お子さまの自律神経を整えてあげ、免疫力を高めることによって、心の状態を安定させてくれる効果があります。
ちなみに当院ではこんなヘラのようなはりを使います♪

小児はりはいつから出来るの?

通院していただくことになるので外出しても心配が多少なくなる生後2、3ヶ月頃からはじめられます。適応年齢は生後数ヶ月の赤ちゃんから大体12歳くらいです。大きくなるにつれて、大人とおなじ施術ができるようになります。例えば刺す鍼をしていくことです。
夜泣きや疳虫が出始めるようになるのが生後6ヶ月くらいですのでその頃から来院される方が多いです。
もちろんある程度年齢がいってからはじめても大丈夫です。

回数や間隔はどうしたらいいの?

最初の頃はなるべく間隔を開けずに続けて施術していき、状態を見て慣れて安定してきたら週に1回か2回を目安に施術していきましょう。ママと一緒に、パパと一緒に、ばあば、じいじと一緒に楽しく通ってくれています。

【♪夜泣きと疳虫の症状でご来院のAちゃん(0歳8ヶ月)の通院例♪】
1週目:月曜(初診)、火曜、水曜、木曜、土曜
2週目:月曜、水曜、金曜
3週目:火曜、土曜
4週目以降:週に1回、調子を見ながら
最初に頑張って続けてくれたので順調に施術間隔をあけながらできました。
もっと時間のかかるお子さまも、逆に3回、4回位で落ち着くお子さまもいらっしゃいます。ご相談しながら施術していきましょう。

小児はりはどんな症状に効くの?

夜泣き、寝付きが悪い、疳虫、夜尿症(おねしょ)、小児喘息、子どもの便秘、下痢、爪を噛む、成長不良、落ち着きがない、よく風邪をひく、アトピー、アレルギー全般、何となく元気がない、不機嫌な時が多い、すぐ風邪をひく、風邪をひくとなかなか治らない、年中鼻水が出る、又は鼻がつまっている、頭痛、チック、いつも緊張している、グッスリ眠らない、食欲がない、熱が出るとひきつける、あせもや湿疹がひどくなるなど…

お子さまの状態が良くなっていくよう、一緒に考えていきましょう!なんでもご相談下さい。